ひとつ上の世界史の驚きの活用法

  • 2012/05/20(日) 12:04:00

大学に行ったら良い給料と高い地位を得られるというのは本当だろうか?「一生懸命勉強していい成績をとれば、いい会社に入ってたくさん給料がとれるようになる」両親は私にそう言い続けてきた。良い成績が成功への道である・・それが世の中の一般認識でした・・・良い会社で良い給料をもらえるから。学校では優等生を目指し、良い会社での就職を目指し、就職してからはひたすら出世を目指しました。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、あるとき、将来の保証がどこにもないことに気づく・・自由な生活も老後の保障もないのだ。いい教育を受け、いい成績を取るのは成功へのパスポートではない。良い教育を受けると成功するというアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「一生懸命勉強しなさい。そうすれば幸せになれる」と安易にアドバイスできない。現在の私たちに必要なのは、新しい答え、真実に基づいた指針なのだ。世界史には、参考となるヒントが隠されています。