本気の法人大改革

  • 2012/05/24(木) 20:57:33

いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?「一生懸命勉強していい成績をとれば、いい会社に入ってたくさん給料がとれるようになる」両親は私にそう言い続けてきた。良い成績が成功への道である・・それが世の中の一般認識でした・・・良い会社で良い給料をもらえるから。良い成績と良い会社、そして、会社での出世が人生の目標でした。そして、働くことに強い誇りを感じている。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・会社を辞めると、生きていく手段がないのだ。よい教育を受けても、自由と安定を得られるわけではない。過去の私たちが信じていたアドバイスは、恐ろしい過ちだったかもしれないのだ。現在では、もう「学校に行って安定した仕事に就きなさい」と安易にアドバイスすることはできない。現在の私たちに必要なのは、新しい答え、真実に基づいた指針なのだ。個人事業に、何かヒントが隠されているかもしれない。